ウォーターサーバーor浄水器、月々のコスト比較

ウォーターサーバーは水代金とレンタル費用の両方が必要です

ウォーターサーバーは、サーバーをレンタルして定期的なメンテナンスを行なうことが想定されています。いつでも冷水と熱水を好きなだけ利用出来るので、利便性に優れているわけです。また、購入するウォーターボトルの種類を変更すれば、異なる種類の水を購入出来るので軟水も硬水も両方選べます。サーバーレンタル費用が月に1000円前後と電気代、更にウォーターボトルが1本いくらという状況ですから、家族4人で使うことを想定すると月に1万円前後を考えておけば間に合うでしょう。利用目的に合わせて好きなウォーターボトルを注文すれば、安全なミネラルウォーターを好きなタイミングで好きなだけ使えて、冷却したり温める手間がかかりません。

浄水器ならはカートリッジ代だけで済む

水道直結型の浄水器ならば、水道水を濾過すれば良いのでカートリッジ代のみ考慮するだけで済みます。毎月の支出が3000円も掛からない程度ですから、経済的という点ではウォーターサーバーよりも優れています。しかし、常温の水しか出ないので冷水や熱水をすぐに利用出来ない点に注意が必要です。基本的に濾過した水道水という扱いとなるので、軟水限定となるため、ウォーターサーバーのように硬水を購入して手軽に利用するといった用途には向きません。ウォーターサーバーの中には月額5000円程度で水道直結型も登場しているので、浄水器やボトル型の昔ながらの方式よりも水道直結型のウォーターサーバーがボトル交換不要で経済的と考えられます。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのために購入する予定があるなら、各メーカーの製品をじっくり見比べることがポイントです。光熱費や安全性について比較することが重要です。